お知らせ

日経MOOK 相続・事業承継プロフェッショナル名鑑にMBCが掲載されました。

20161014094046-0001

 

20161013194956-0001

「1分でわかるMBC動画(相続・事業承継編)」を公開しました!

1分でわかるMBC動画(相続・事業承継編)をYouTubeに公開いたしましたので、是非ご覧ください!

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

 

「1分でわかるMBC動画(事務所編)」を公開しました!

1分で分かるMBC動画(事務所編)をYouTubeに公開いたしましたので、是非ご覧ください!

事務所の雰囲気を少しでもお伝えすることができれば幸いです。

 

MBCは創業20周年を迎えました!

20th Anniversary                2014年11月7日

おかげさまでMBCグループは創立20周年を迎えました。

お客様の気持ちに寄り添い、公認会計士・税理士として質の高い専門サービスを提供することを使命として、会計税務に関するあらゆる問題に取り組んできました。

お客様の立場になって常に親身であること、そして何事にも真面目に取り組むこと、さらに向上心を持ち続けること、どれも当たり前のことですが、そんな基本を大切に、ご縁を大切に、あまり無理することなく歩んできたように思います。

これまでの20年大切にしてきた基本を未来へつなげ、お客様のビジネスや人生設計を支えるために私達MBCに何ができるかを考えて発信し続ける、強い企業として成長し続けたいと思います。

 

MBC20年のあゆみ

 1994年8月 

埼玉県浦和市(現:さいたま市)別所のアイーダビル2階に事務所を借りる。

1994年11月 

『公認会計士・税理士 須永会計事務所』を開業

1996年11月 

経営コンサルティング会社『㈱エイエム総合研究所』(現:㈱丸の内ビジネスコンサルティング)を設立

1999年7月 

千代田区神田須田町のTSI須田町ビル7階に移転 『公認会計士・税理士 須永会計事務所』を『須永公認会計士事務所』に名称変更

2004年11月 

千代田区丸の内の岸本ビル3階に移転

2005年7月 

『㈱エイエム総合研究所』を『㈱丸の内ビジネスコンサルティング』に商号変更

2009年5月 

岸本ビル11階に移転

2010年6月 

岸本ビル5階に移転

2012年1月 

『税理士法人丸の内ビジネスコンサルティング』を設立

2014年11月 

創業20周年

 

MBC Spirits

 

1.お客様の立場にたって、お客様の目線で考えます。

それには思いやりという想像力が必要です。特に専門的な内容の説明や、お客様のプライバシーにかかわるお話の時には慎重な配慮が必要です。そして解決策を見つける際にも、自分がお客様の立場ならどうしたいと思うだろうかと、常に考える力をつけることです。

2.お客様に心のこもった心地よいサービスを提供します。

言葉づかい、礼儀、雰囲気、など、接する細部にまで心を配り、お客様が自分が大切にされていることを感じていただけるようなおもてなしをします。

3.仲間を大切に、親しい中にも礼儀を大切に、思いやりを持って接します。

それぞれ育った環境も異なる人間が一つのところに集い、一日の中で多くの時間を共にすることのご縁を感じて、相手の立場を尊重し理解して、困ったときは助け合うような仲間でありたいと思います。

4.仲間とのチームワークを大切にします。

仕事は一人ではできませんし、チームだからこそ、大きな力を発揮することができます。常に情報を共有し、和気藹々とした雰囲気の中で、意見を交わし合い、互いに切磋琢磨することで、チームとしても向上することができます。

5.勉強が好きで、自己研鑽を怠りません。

税法も会計も法律も、どんどん変わり、経済情勢も激動し続けています。常に新しい情報をキャッチアップし、深く学び、向上心を持ち続けます。

6.常に挑戦し続けます。

新しいことを恐れるのではなく、楽しみながら前に進みます。何かをやってみて失敗することが問題ではなく、気づいていたのに何もしないことを最も恐れます。

7.常に深く反省します。

失敗は宝物です。それはいつか大きな失敗を起こさないための宝物として、些細な失敗も見逃さず、そこから対策を考え、全体で共有します。

8.心身の健康を大切にします。

健康でなければよい仕事も、お客様や仲間との信頼関係も築くことができません。

自分の状態を知り、管理することが大切です。

9.社会に貢献します。

創業時から会計士だからこそできる貢献としてベンチャー支援や女性経営者支援などを行ってきました。企業は利益追求は必要ですが、社会において企業として存続していることの感謝の気持ちを忘れずに、社会にお返しすることは企業としての義務と考えます。

10.国際的な貢献をします

日本企業と海外の懸け橋になれるような活動をしていきます。

「採用情報」を掲載しました。

今年度の採用情報を掲載いたしました。

こちらよりご確認ください。



このページのトップへ