でんた丸ブログ

湯治の医療費控除

こんにちは
スタッフの徳永です。

暑い日が続き、ビールが美味しい季節になってきましたね。

さて本日は医療費控除について触れてみます。
生活習慣病に効果が期待される温泉療法(いわゆる湯治)は一定の要件を満たしていれば、控除の対象となるようです。

主な用件は以下の通りです。
1.「温泉利用型健康増進施設」で温泉療法を受けている事
2.「温泉療養証明書」を発行してもらう事

「温泉利用型健康増進施設」は温泉利用を行う施設と有酸素運動を安全かつ適切に行う施設が一体となって運営されている施設で、厚生労働大臣に認可されたものです。施設につきましては下記URLをご参照下さい。

また、「温泉療養証明書」は認定施設及び温泉療法を行わせた医師に作成してもらう必要があります。

参照URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/undou04/


本日はラムをご紹介。
フランスの「クレマン VSOP 125周年記念」です。

FullSizeRender
創業125周年を記念したアーティストのジョン・ワン氏とのコラボレーションだそうです。
新樽で1年熟成後、ケンタッキー産のバーボン樽で3年寝かせた、ふくよかな味わいの逸品です。


このページのトップへ