でんた丸ブログ

税務署もAIを活用するかも!?

皆様
こんにちは
スタッフの紺谷です。

大変長らくお待たせいたしました!
諸事情により滞っておりました、当ブログを再開致します!!

この間、私共の丸の内ビジネスコンサルティンググループでは、
今般の会計監査へのニーズの高まり、社会福祉法人、医療法人への会計監査導入等に
対応するため、私を含め公認会計士のスタッフ数人が社員(=株式会社でいうところの株主・取締役)となり、
去る6月1日に丸の内監査法人を設立致しました。
今後は会計、税務、監査、コンサルティングすべてにおいて、さらに高品質なサービスをご提供していく所存でございます。
引き続き、丸の内ビジネスコンサルティンググループをどうぞよろしくお願い申し上げます。
http://maru-audit.jp/

さて、
国税庁はこの度、「税務行政の将来像~スマート化を目指して~」と題する文書を公表致しました。
この検討の目的は「納税者の理解と信頼を得て適正な申告・納税を確保していくため、
税務行政の透明性の観点から目指すべき将来像を明確にし、それに向けて着実に取り組んでいくことが重要。」であるため、
とされています。
様々な場面で話題になっているICTやAIですが、
今後は、税務行政もICTやAIを活用して、分かりやすくスマートになる方向で進んでいくものと思われます。

一例では、
メールやチャットを利用した税務相談の自動化や申告納付のデジタル化などで納税者の利便性が向上したり、
申告内容の自動チェック機能、軽微な誤りの自動連絡や調査必要度の判定など、
徴税・徴収の場面での活用が想定されているようです。

将来はSNSやLINEで税務相談する場面があるのでしょうか!?
大変興味深い内容ですので、是非一度下記HPをご確認下さい。
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2017/syouraizou/index.htm

その他、会計、税務、監査、組織再編、コンサルティング等のご相談はMBCグループへ
お気軽にご相談下さい。


IMG_7878
先日、千葉県のとあるゴルフ場でバンビを見つけました。
無防備に草をついばむ姿に癒されました。

紺谷

このページのトップへ