でんた丸ブログ

空き家にかかる譲渡所得の特別控除

こんにちは。スタッフの久富です。

相続した被相続人の居住用不動産を譲渡した場合、一定の要件を満たすことで3,000万円の特別控除を受ける事が出来るようになります。
要件は次のとおりです。

  1. 昭和56年5月31日以前に建築された家屋であること
  2. 相続開始直前に被相続人以外の居住者がいないこと
  3. 相続時から3年を経過する日の属する12月31日までに相続すること
  4. 譲渡の対価が1億円以下であること
  5. その他一定の要件

平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間の譲渡が対象です。

自治体は空き家対策に苦慮しているようです。
この制度により、放置されたままの危険な空き家が少しでも減少するとよいですね。


このページのトップへ