でんた丸ブログ

29年度改正 事業承継税制と相続時精算課税

皆様
こんにちは
スタッフの紺谷です。

弊税理士法人は『相続税理士50選2017』に選ばれました。
4月5日(水)の日経新聞朝刊&電子版に紹介が掲載されますので、是非ご覧ください。

さて、
29年度税制改正では、非上場株式等に係る贈与税・相続税の納税猶予制度について、
相続時精算課税制度の併用が認められることとなりました。

これまでは、雇用確保要件を満たさなくなること等で、納税猶予が取り消された場合、
贈与税の超過累進税率(10%~55%)が適用されることから、
納税猶予取消時に贈与税の負担があまりに高いことが、導入のネックになっていました。

この改正により、納税猶予の取消時にも、贈与税負担が軽減され、
導入へのハードルが低くなったと言えます。

なお、平成29年1月1日以後の贈与により取得する非上場株式等から適用されることになっています。

また、
納税猶予の取消事由に係る雇用確保要件について、
「相続開始時又は贈与時の常時使用従業員数に100分の80を乗じて計算した数に
一人に満たない端数があるときは、これを切り捨てる(現行:切り上げる)こととする。
ただし、相続開始時又は贈与時の常時使用従業員数が一人の場合には、一人とする。」
とする改正も行われる予定です。

相続対策、事業承継の詳細についてはMBCへお気軽にご相談下さい。


IMG_7349

先日、ご招待を頂きお台場のD1グランプリへ行ってきました。
D1とは、サーキットをドリフトで走行し、カッコよさ、技術の正確性を競う競技です。
写真の通り、会場での音や迫力は凄まじく、大変盛り上がっています。
各社の趣向を凝らしたブースやドリフト試乗会など、レース以外にも楽しめます。
ご興味のある方は、是非会場へ足を運んでみて下さい!

以上


このページのトップへ