でんた丸ブログ

マイナンバーFAQの更新

皆様
おはようございます。
スタッフの紺谷です。

国税庁はマイナンバーの源泉所得関係に関するFAQや法定調書に関するFAQを更新しました。

例えば、
Q1-2 平成27年中に扶養控除等申告書の提出を受ける場合、従業員に個人番号を記載してもらってもよいですか。

Q1-5 平成27年中に扶養控除等申告書の提出を受ける場合、個人番号欄のない様式を使用してもよいですか。

Q1-9 扶養控除等申告書の個人番号欄に「給与支払者に提供済みの個人番号と相違ない」旨の記載をすることで、個人番号の記載に代えることはできますか。

など、ころころ内容が更新されていて落ち着きませんが、
実務上、気になるところがありますので、下記URLをご確認下さい。

マイナンバーについてご不明の点はお気軽にご相談下さい。
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/FAQ/gensen.htm
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/FAQ/houteichosho.htm


 __ 1 __ 2

この間、祖母に会うため、石川県に行ってきました。
北陸新幹線は座席も広く、快適で、あっという間に金沢に到着しました。
金沢に降り立ったのは、いつのことだったでしょうか。
大阪からはたいてい車で、金沢はいつも通過していましたが、
遠い記憶にある金沢と大きく変わっているような気がしました。

以上

住宅ローン減税(転職した場合)

こんにちは
スタッフの山口です。

11月になりました。
ハロウィーンの賑わいも落ち着きそろそろ年末年始を意識しだす時期だと思います。
ということで、今回は年末調整のうち、住宅ローン減税に関する話題を取り上げてみます。
(※給与所得者(いわゆるサラリーマン)のかた向けです。)

住宅ローン等を利用してマイホームの新築、取得又は増改築等をした場合で、一定の要件を満たすときは、いわゆる「住宅ローン減税」の適用を受けることができるのはご存知かと思います。
住宅ローン減税を受けている方は、初年度に確定申告を行い、税務署から下記書類が交付されているはずです。

【①平成23年以降に居住開始した場合】
「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入等特別控除申告書」兼「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」
(計9枚)

【②平成22年以前に居住開始した場合】
(a)「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入等特別控除申告書」(計9枚、または14枚)
(b)「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」(計1枚)

減税適用2年目以降の手続方法は以下の通りです。

【①の場合】
「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入等特別控除申告書」兼「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」を年末調整時に勤務先へ提出する。

【②の場合】
(a)および(b)を年末調整時に勤務先へ提出する
((b)は1枚しかないので2年目のみ提出)

ここで、②の場合で、転職等により勤務先が変わった際には注意点があります。
②の場合、(b)「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」は2年目に以前の勤務先に提出済みのため、勤務先が変わると、新しい勤務先では同証明書がありません。
そのため、税務署へ同証明書を再発行してもらい、新しい勤務先へ提出する必要があります。

再発行申請の方法は下記URLに記載があります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/36.htm

平成22年以前から住宅ローン減税を受けていて、かつ、転職された方は準備をしておいたほうが良さそうです。

山口

ふるさと納税

スタッフの木部です。

ふるさと納税についてですが、今年からワンストップ特例制度が導入され、いくつかの条件を満たせば確定申告が不要となっています。

ただし、確定申告不要と言っても、何もしなくていい訳ではありません。ワンストップ特例を適用するには、「申告特例申請書」を寄付した自治体へ提出する必要があります。

面倒ですが、そんなに難しい手続ではなく、氏名や住所等の情報をいくつか記入して捺印をすれば、あとは郵送するのみです。

なお、今年中にふるさと納税をした場合、「申告特例申請書」は平成27年1月10日までに提出しないと、ワンストップ特例による控除の対象になりませんので、まだ提出されていない方やこれからふるさと納税を行う方はご注意ください。

国税庁法人番号公表サイト

皆様
おはようございます。
スタッフの紺谷です。

国税庁のHPにある「国税庁法人番号公表サイト」では、10月26日から
指定通知書を発送した法人について、順次、法人番号を公表しています。
(我々MBCも既に公表されています。)

人格のない社団等についても、
法人税・消費税の申告納税義務又は給与等に係る所得税の源泉徴収義務がある場合には、
特段、届出手続等を要することなく、国税庁長官が法人番号を指定し、通知されます。
上記の場合以外でも、必要がある場合には届出によって法人番号の指定を受けることができます。

詳しくはMBCまでお問い合わせください。


__

先日は渋谷にて、とある式典に出席してきました。
本当に久しぶりに渋谷に行ったので、ついついハチ公を写真におさめてしまいました。
それにしても都会は人が多いですね。

以上

27年酒類鑑評会(東京局)

こんにちは
スタッフの德永です。

東京国税局では10月6日、7日、9日の3日間にわたって酒類鑑評会を開催しました。
管内(千葉、東京、神奈川、山梨)で製造された清酒、本格しょうちゅう、ビール等を対象とする審査で部門ごとに優等賞を授与するとの事です。

審査は以下の方法で行うそうです。
1審:出品酒の香りや味わいなどの特徴を詳細に把握するプロファイル法を用いて製造技術を評価
2審:香りや味などについて5段階で評価を行って精査し、優等賞を選定

今年の出品は清酒114点、本格しょうちゅう14点、ビール等26点だそうです。

どんな銘柄が受賞するのでしょうか。


さて、本日は日本酒をご紹介。
岩手県吾妻嶺酒造㈱の「あづまみね 純米吟醸 無濾過 中取り」です。
IMG_0811
出張の際、岩手のお客様に連れて行って頂いたお店で頂きました。
米の旨みがしっかりとしつつ、綺麗な味わいの逸品です。
魚との相性が抜群です!

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 49

このページのトップへ