でんた丸ブログ

事業承継ガイドラインの公表

皆様
こんにちは
スタッフの紺谷です。

中小企業庁は12月5日に「事業承継ガイドライン」を公表致しました。
同庁は、同ガイドラインの趣旨について、
「中小企業庁は、中小企業経営者の高齢化の進展等を踏まえ、
円滑な事業承継の促進を通じた中小企業の事業活性化を図るため、
事業承継に向けた早期・計画的な準備の重要性や課題への対応策、
事業承継支援体制の強化の方向性等について取りまとめた「事業承継ガイドライン」を策定しました。」
と、HPに記載しています。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2016/161205shoukei.htm

弊税理士法人でも、事業承継対策の第一歩として、
10年後の事業承継をイメージするための計画書を作成頂けるよう、
クライアント様ごとに課題を抽出し、ご提示する等を行っておりますが、
同ガイドラインも参考にしつつ、実現可能な事業承継対策のご提案を行って参ります。

また、お知らせにもあります通り、
「日経MOOK 相続・事業承継プロフェッショナル名鑑」において、
弊税理士法人の紹介が掲載されておりますので、
是非一度、お手に取ってご覧頂ければ幸いです。

事業承継にお悩みの経営者の皆様は、
この機会に是非、MBCまでご相談ください。


img_6545 img_6546 img_6547

先日、とあるお客様のご相談で熊谷税務署へ行ってきました。
弊法人代表ゆかりの地でもあり、
東京から新幹線でわずが40分足らずの熊谷駅は、
ラグビーの街らしく、駅前にはラグビーボールの銅像、
かの有名?な平家物語にも登場する熊谷次郎直実像など、
埼玉県北部の特例市(※)としての歴史を感じました。
代表曰く、当時とは町並みもすっかり変わってしまったようですが、
高城神社の様子など、どこか懐かしい感じがしました。

(※)特例市
都市制度のひとつで、政令指定都市、中核市に次ぐ新たな地方分権推進の担い手として、
平成12年4月に創設され、その要件は、人口20万人以上の市で、当該市からの申出に基づいて、政令で指定されます。
特例市になりますと、都道府県が処理する事務の一部が市へ移譲されます。
熊谷市には、すでに多くの事務権限が埼玉県より移譲されていますが、
さらに市民生活に密着した、環境行政、都市計画・建設行政、産業・経済行政の分野に関する事務が移譲されます。
【熊谷市HPより】

以上

セルフメディケーション税制Q&A

こんにちは
スタッフの山口です。

来年から医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制がスタートします。
年間のOTC医薬品購入額が12,000円を超えると、超過額(上限88,000円)が総所得金額から控除されるというものです。

このセルフメディケーション税制について、11月上旬に厚生労働省からQ&Aが公表されており、
薬局調剤は対象外になること、控除対象額は税込額でセール等で購入した場合には割引後価格になること、
などが示されています。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000141868.pdf

軽い風邪、頭痛などで市販の薬をこまめに買うかたは控除を受けられる場合も多々あると思います。
控除を受けるにはレシートが必要になりますので、レシートをうっかり捨ててしまわないように気をつけましょう。

 


 

img_2478
東京駅で新幹線を見てきました(乗ってはいません)。
男の子は乗り物が好きですが、うちの子供もご多分に漏れずハマっているようです。

 

スキャナ保存制度

皆様
こんにちは
スタッフの紺谷です。

平成28年度税制改正では、スキャナ保存制度の改正が行われ、
多くのお客様から制度の内容についてご相談を頂いています。

いざ導入しようとすると、
ハードの問題、タイムスタンプの問題、データの保存場所の問題、内部統制の問題、
小規模企業の問題、そもそも紙でも整理整頓ができていない等々、様々な問題が発生します。

費用対効果を考えて、果たして現時点で即導入というのはどうなのだろう、
と個人的には思いますが、今後のIoTやAIの発展を考えると、
検討しておくべき制度である事は間違いないように感じます。

まずは、制度の概要ということで、国税庁のHPをご紹介いたします。
(パンフレットが分かりやすくてお勧めです。)
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/dennshichobo/jirei/index.htm

ご不明の点は、お気軽にご相談ください。

img_6356
先週は岩手県盛岡市へ出張していました。
帰りに盛岡駅フェザンにある柳家の「常夏のキムチ納豆ベイベー」を食べましたが、
心臓の弱い人はご注意ください、とある通り、激辛の激辛でした。
向かいに座っている徳永は平気な顔をしていましたが、胃にガツンときてめちゃめちゃ辛いです。
本当に気を付けて下さい。
でも、キムチ納豆ラーメンは岩手を訪問した際の我々の定番です。
是非、皆様も一度挑戦してみて下さい。

以上

マイナンバーFAQ(番号制度概要)

皆様
こんにちは
スタッフの紺谷です。

いよいよ年末調整や法定調書の作成時期が近付いてまいりました。
本年度から記載が義務化されるマイナンバーについて、
改めて国税庁のホームページを見てみると、よくある質問(FAQ)の多さに驚きます。

ここでは、「番号制度概要」のFAQから、いくつか取り上げたいと思います。
Q2-3-1 申告書や法定調書等を税務署等に提出する場合、
必ずマイナンバー(個人番号)・法人番号を記載しなければなりませんか。
(答)
番号法整備法や税法の政省令の改正により、
税務署等に提出する申告書や法定調書等の税務関係書類にマイナンバー(個人番号)
・法人番号を記載することが義務付けられました。
したがって、
申告書や法定調書等を税務署等に提出する場合には、
その提出される方や、扶養親族など一定の方に係るマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載が必要となります。

Q2-3-2 申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号を記載していない場合、税務署等で受理されないのですか。
(答)
税務署等では、番号制度導入直後の混乱を回避する観点などを考慮し、
申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合でも受理することとしていますが、
マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務ですので、
正確に記載した上で提出してください。

Q3-6 顧客とメールにて資料の送受信を行っていますが、マイナンバー(個人番号)を含む資料についても、
従来どおりPDF等のデータに読み込み、メールの添付資料として送受信を行ってもよいですか。
(答)
必要かつ適切な安全管理措置がなされているのであれば、問題ないと考えます。

なお、
詳細は下記URLをご参照下さい。
https://www.nta.go.jp/mynumberinfo/FAQ/gaiyou_qa.htm#a35


 img_6287

10月初めに、CPA東京会主催のフットサル大会に出場してきました。
助っ人の大活躍もあり、親睦予選リーグ2位で、最終結果は4位となりました。

写真は、フットサル大会の打上げの居酒屋で出会った猫です。
かなり濃い空間でした。

以上

国税庁「平成28年分 年末調整のしかた」掲載

こんにちは
スタッフの德永です。

9月27日に国税庁HPより「平成28年分 年末調整のしかた」が掲載されています。
この中で参考資料として「年末調整チェック表」や「年末調整を受ける際の注意事項」が掲載されています。

「年末調整チェック表」は年末調整事務を行う担当者向けに作成されていますので、作業の事前、事後のチェックに活用されてみてはいかがでしょうか。

参考URL:https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2016/01.htm


さて、本日はスパークリングをご紹介
フランス、モンターニュ・ド・ランス地区の「MARIE WEISS」です。
img_0969
ブドウ品種はシャルドネ、ピノムニエ、ピノノワール。
某航空会社の国際線ファースト・ラウンジでオンリストしたそうです。
地下25メートルの低温カーヴでじっくりと熟成された、豊かな味わいの逸品です。


このページのトップへ