でんた丸ブログ

法人実効税率引き下げについて

スタッフの木部です。

昨日の日経新聞の記事に、「財源確保2段階で 財務省、法人税下げへ課税案」という記事がありました。

政府は、2015年度からの法人実効税率の引き下げを検討していますが、減税の代替財源は、法人税を中心とした課税ベースを広げることで確保をする方針とのことです。

具体的には、赤字の大企業や企業の受取配当などへの課税を強化、繰越欠損金制度の縮小等を検討しているようです。

法人実効税率の引き下げは多くの企業に恩恵をもたらすでしょうが、企業の状況によっては、むしろ厳しい税制となってしまうかもしれません。

今後の動向を、引続き注視したいと思います。


 

DSC_0200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、先日、皇居周辺を散歩した時のものです。

手入れが行き届いていて、いつ来ても気持ちをリフレッシュすることが出来ます。

以上

2014年度上半期(4-9月)の全国企業倒産

こんにちは。
スタッフの紺谷です。
 
東京商工リサーチから2014年度上半期の全国企業倒産件数が発表されました。
負債額1000万円以上の倒産件数は5049件、負債総額が約9078億円とのことです。
倒産件数はバブル時の1990年度に次ぐ低水準となっています。
 
倒産件数が減少した理由は、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていること等、様々ですが、アベノミクスによる効果も少なからずあったのでしょうか。
消費税増税により個人消費は落ち込んでおり、今後の経済状況を注意深くみていく必要がありそうです。
 

IMG_2808

 

写真は、KITTEの旧郵便局長室から撮影した東京駅です。

さわやかな秋晴れの空でした。

また台風が近づいていますが、皆様、お気をつけてください。

 

 

 

 

以上

皆既月食

こんにちは
スタッフの德永です。
 
本日10月8日は全国で皆既月食が見られるようです。
月食は太陽-地球-月と一直線に並んだ時に、地球の影に月が入ってしまい月が欠けたり、暗くみえたりする現象です。
国立天文台によると、18時15分頃より部分食が始まり、19時25分頃から皆既食となり、19時55分頃に食が最大となるようです。
月食は肉眼でも十分確認できる天文現象だそうですので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。
 
詳しく知りたい方は国立天文台のサイトをご覧下さい。

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2014/lunar-eclipse.html

 


 

10月10日(金)はサッカー日本代表(ジャマイカ戦)がありますので、アギーレジャパンの初勝利を期待してアギーレ監督の母国メキシコのお酒を一本ご紹介。
 
IMG_0339
 
 
 
ポルフィディオ プラタカクタスというテキーラです。
 
ボトルの中にガラスでできたサボテンがいます。
 
なかなかのハードリカーですが、飲み終わった後にインテリアとして飾ってみてはいかがでしょうか。

配偶者控除の見直し

こんにちは。スタッフの久富です。

昨日は、台風の影響により、都内も午前中は大雨でしたが、午後は台風一過の晴天となりました。

さて、政府税制調査会は、6日、配偶者控除の見直しについて検討を始めました。
配偶者控除とは、例えば、妻の年収が103万円以下であれば、夫の収入から38万円を差し引いて所得税を計算し、税負担を軽くしようという制度です。
この制度により、妻の収入を配偶者控除内にするために、妻が働く時間を減らしてしまうという問題があるといわれています。
政府税調では、夫婦の働き方に関わらず、世帯の合計所得控除額が一定となる「家族控除」の仕組みを導入する案を議論しました。 配偶者控除の見直しは、安倍政権の成長戦略にも入っており、11月にも論点整理を行い、政府・与党内で議論を進める方針です。
DSC_0266

 

 

今日は秋らしく過ごしやすい陽気です。

写真は、お客様の会社の近くにある公園です。
お昼休みに会社の方と散歩をしました。

奥にグランドがあり、野球をしている人がみえます。
とても気持ちよさそうです♪

 

CFOセミナー秋講座を開催します!

スタッフの吉田です。

今回、MBC経営革新セミナーの第3回目として、「中小企業版CFOを目指そう!秋講座」を開催することになりました!

私はかつて公的機関で中小企業の経営相談や融資業務を行なっていました。そこで企業の社長さんとお話しし、財務面での社長の右腕となる人材が必要だなあと感じることが多かったのです。

中小企業の社長さんはやることが非常に多く、財務や会計のことばかりを考えるわけにはいきません。

しかし融資を受けるときや、設備投資を行うとき、また経営計画を公的機関に提出したりするときは、社内にある程度会計財務についてわかっている人材が必要となります。

そこで社長と同じ目線をもち、財務に明るい人材を中小企業内部に置くのが理想だと思いました。

そのような人材が自然に入ってくるわけではないので、やはり社内の人間を育てなければなりません。

そして、そのような人材が育ったとしても、CFOの意見が通らない環境であれば何にもなりません。

そういった難しい環境の中で、どのようなCFOを中小企業に置くか、といった内容がテーマとなっております。

ご興味があればご覧いただければと思います。

http://www.maru-biz.jp/archives/category/seminar_a


 

さて、今日は台風が近づいていますね。外出される際はお気をつけください。

台風

 

 

 

 

 

 

 

 

台風、火山、それから地震と、あらためて日本は自然災害が非常に多い国だと思います。

私が学生時代に福岡にいたころ、台風は毎年のように上陸していました。なかでも平成3年の台風19号は恐怖を覚えるほどで、記憶に鮮明に残っています。当時築30年の実家はほとんど瓦が飛び、ミシミシと音がしていました。

自分だけは大丈夫だと思わず、いざというときに備えしっかりと準備をしておきたいですね。

 

 


このページのトップへ