でんた丸ブログ

個人番号カードの申請方法

こんにちは
スタッフの德永です。

全国各地で雪が降るなど、寒い日が続いていますね。

さて今回は個人番号カードの申請方法についてご紹介します。
申請の方法については、4通りありますので以下ご参照下さい。

・郵便による申請
①個人番号カード交付申請書に必要事項を記入し、顔写真を貼り付ける
②送付用封筒に入れて、ポストへ投函

・パソコンによる申請
①デジタルカメラで顔写真を撮影し、PCに保存
②交付申請用のWEBサイトにアクセス
③必要事項を入力の上、顔写真を添付して送信

・スマートフォンによる申請
①スマートフォンのカメラで顔写真を撮影
②交付申請書のQRコードを読み込み申請用WEBサイトにアクセス
③必要事項を入力の上、顔写真を添付して送信

・まちなかの証明用写真機からの申請
①タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざす
②案内に従い、必要事項を入力の上、顔写真を撮影して送信

なお、証明用写真機はDNPの「Ki-Re-i」という写真機が対応しているようです。

参考URL:https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/


さて本日はシャンパーニュをご紹介。
「Robert Moncuit Grand cru Blanc de Blncs」です。

IMG_0860

 

 

 

IMG_0861

 

シャルドネ100%の辛口で、バランスのとれた逸品です。

法人に対する利子割の廃止

スタッフの德永です。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

さて、平成28年1月1日より法人に対する利子割が廃止されます。
利子割とは、金融機関などから預金利息等を受け取る際に徴収される地方税です。
今まで利子等の入金の際には所得税及び復興特別所得税で15.315%、利子割で5%が徴収されています。

平成28年1月1日以後入金分からは利子割の5%は無くなります。
なお個人の方は今まで通りに利子割は徴収されます。


新年最初は日本酒をご紹介です。
「十四代 中取り純米吟醸 播州愛山」です。
FullSizeRender

正月に実家でおせち、ふぐ刺しと共に頂きました。
口当たりが良く、キレのある逸品です。

住基カード終了時の注意点

こんにちは
スタッフの徳永です。

住基カードをご利用の方は、来年以降のe-Taxでの電子証明書利用について注意が必要です。

マイナンバー導入に伴い、平成27年末で住基カードの交付は終了します。
そして住基カードに格納されていた「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」が平成28年以降は個人カードに格納されます。
この為、平成27年分の確定申告をe-Taxで申告する際は、住基カードの有効期限に注意しなければなりません。

有効期限が切れる場合は12月22日までに更新を行うか、個人番号カードの交付申請を行う必要があります。

電子申告される際はご注意下さい。

参考URL:http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_jyukicard.htm


本日はフランスのワインをご紹介。
フランス ランドック・ルシヨン地域の「Mas des Tannes Reserve Rouge 2013」です。

IMG_0835

葡萄品種はカベルネソーヴィニヨン55%、グルナッシュ35%、ムールヴェードル10%でパワフルな果実味のある逸品です。

ワイン展

こんにちは
スタッフの德永です。

先月31日より国立科学博物館では「ワイン展-ぶどうから生まれた奇跡」が開催されています。
「ワイン」をテーマにした、国内初の大規模展だそうです。後援者として文部科学省、農林水産省、国税庁、各国大使館などが名を連ねています。

ぶどう畑の1年や、ワインの歴史、貴重なボトル、酒器、ラベルアートなどが楽しめるそうです。
12月11日(金)には国税庁主催のワインセミナーが予定されているなど、大変興味深いですね。

ワイン展は来年の2月21日(日)まで開催されているそうです。

参考URL:http://wine-exhibition.com/index.html


本日はワインをご紹介です。

イタリア ピエモンテ州の「Santamaria Langhe Nebbiolo Frerot」です。
バローロの銘醸地として名高いバローロ丘陵のラ・モッラにあるサンタマリア地区にあるワイナリーで、ぶどうの品種はネッビオーロです。

IMG_0809
非常にバランスのとれた、エレガントな逸品です。

国外転出と出国

こんにちは
スタッフの德永です。

7月1日より「国外転出時課税制度」が始まりました。
世間では「出国税」と称されているようですが、所得税法上では「国外転出」と「出国」で定義が違うようです。

国外転出とは…国内に住所及び居所を有しないこととなること
出国とは…納税管理人の届出をしないで国内に住所及び居所を有しないこととなること

国外転出のうち一部が出国という扱いになるようです。

ですので本年より始まった「国外転出時課税制度」は出国も含むという事になりますね。

なお、国外転出するまでに届出をした場合は、その年の確定申告期限までに本制度の適用分を含め所得税の確定申告、納税をする事になります。
出国する場合はその転出時までに、本制度の適用分を含めてその年の1月1日から国外転出時までの所得に係る準確定申告、納税をする必要があります。


 

さて、本日はビールです。
以前ご紹介した、メキシコビール「デイ・オブ・ザ・デッド」の別種類「IPA」です。

IMG_0827
6.8%とビールにしては少し強めの度数とホップの効いた強い苦味が特徴的です。


このページのトップへ