でんた丸ブログ

不妊治療のサプリメントと医療費控除

こんにちは
スタッフの徳永です。

今年5月12日東京地裁の判決で、医師の指導に基づき購入した不妊治療サプリメント費用は医療費控除の対象外と判断されました。
裁判所は、厚生労働大臣の承認を得ずに流通している「サプリメント」について、特定の医師が服用を指導した、又はその成分が医薬品と同等であることを理由に、治療は又は療養に必要な「医薬品」に類するものとして医療費控除の対象とすることは、医薬品を規制する薬事法の目的及び内容にそぐわないと判断したようです。

なお、医師の診療等の対価として支払われる不妊治療の費用そのものについては、医療費控除の対象となります。


さて、本日は日本酒を1本ご紹介。
長野県 大雪渓酒造の「大雪渓 槽場直汲み 特別純米無濾過生原酒」です。

IMG_0718

お酒を搾る機械「槽(ふね)」の垂れ口から手作業で直汲みした無濾過生原酒だそうです。
発酵によって生み出されたピリリとする口当たりとしっかりした味わいが特徴的です。

改正後スキャナ保存制度 基本通達公表

こんにちは
スタッフの德永です。

さて、今月3日に国税庁より改正後スキャナ保存制度の基本通達が公表されました。
新制度が適用される本年9月30日以後の承認申請分において、領収書等の重要書類の保存要件として「適正事務処理要件」などに関する通達が公表されています。
以下一部抜粋です。

【適正事務処理要件】
・相互牽制
領収書等の重要書類の作成・受領からスキャナ入力までの各事務をそれぞれ別の者が行う体制
(新通達4-29)
書類の作成等からスキャナ入力までの各事務の職責をそれぞれ別の者にさせること

・定期的なチェック
各事務の処理内容を定期的に検査する体制・手続
(新通達4-31)
検査を行うまでは書類を保存しておくこと

なお、近々Q&Aが示されるようですので、動向を追ってみたいと思います。


さて、本日はCavaを1本ご紹介
「Valldosera Brut Nature」です。

IMG_0711
パーカーポイント90点を獲得したCavaで、辛口のキリッとした飲み心地が特徴的です。

日本酒の定義を明確化

こんにちは
スタッフの德永です。

先月、国税庁は地理的表示制度を活用し、日本酒の定義を明確化すると発表しました。
これまでは国内で製造されているすべての清酒が日本酒と表示できていたのですが、今後「国産米を原料とし、かつ、日本国内で製造された清酒」に限るとしているようです。

政府のクールジャパン戦略の一環で、日本酒ブランドの価値を高め、世界で味わってもらうのが狙いのようです。

地理的表示制度はWTOの協定に基づくもので、産地と品質が結びつく特産品を保護するための制度です。

イギリスの「スコッチ・ウィスキー」やフランスの「シャンパン」などが代表例ですね。


 

今日は上記で触れた、日本酒を一本ご紹介。
群馬県 近藤酒造「赤城山」です。

IMG_0709

 

低温長期もろみにしてドライに仕上げた逸品だそうです。

太陽光発電の事業供用日

こんにちは
スタッフの德永です。

太陽光発電設備の事業供用日について、紛らわしいところもあるかと思いますので、ポイントをご説明します。
売電用の太陽光発電設備の事業供用日は、原則、電力会社の送電網に接続するための系統連系工事が完了し、売電が開始した日です。

ただ、設備が稼働状態にあるにもかかわらず電力会社の都合により電力受給契約締結後に系統連系工事が延期された場合は、当初予定されていた工事日を事業供用日と整理できるようです。

一方、接続申し込みの際の「工事実施希望日」の回答が保留されている場合は、電力受給契約が未締結であることや、合意した工事日がなく、工事実施日の見通しも立っていない事などから、「希望日」を事業供用日と整理することはできないようです。

まとめると以下の通りです。

①原則:系統連系工事が完了し、売電が開始した日
②例外:電力受給契約締結後に連系工事が延期された場合は当初予定されていた工事日


さて本日は日本のビールを一本ご紹介。
富山県黒部市の「黒部峡谷ビール」(銀盤酒造)です。

IMG_0499
自家栽培ホップと国産麦芽を用いた、100%国産の地ビール。
しっかりした味とシャープな苦味が特徴的なビールです。

宇宙太陽光発電

こんにちは
スタッフの德永です。

経済産業省が発行する広報誌「METI Journal 6・7月号」にて興味深い記事が載っていましたので、少しご紹介致します。

ニュースで太陽光発電が話題になる場面があるかと思いますが、現在、宇宙空間において太陽のエネルギーで発電した電力を地球に届ける「宇宙太陽光発電システム」の実用化に向けた開発が進んでいるそうです。

このシステムは、高度3万6千メートルの静止軌道で、発電機能が一体化したパネルが稼働し、創出したエネルギーをマイクロ波ビームに変換して地球へ送るというものです。

宇宙空間で季節や天候等の影響を受けることなく、安定した電力の供給が実現できます。地上の太陽光発電と比較しても、約10倍の発電量が期待できるそうです。

日本では三菱電機㈱など民官が一丸なってプロジェクトを進行しているようです。

 

参考URL:http://www.meti.go.jp/publication/data/2015_06.html

 


 

本日は焼酎を1本ご紹介。
さつま無双株式会社の「黒さそり」です。

IMG_0708IMG_0707

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒麹で仕込んだ、飲みごたえのある麦焼酎です。
暑い日にロックで一献いかがでしょうか。


このページのトップへ