でんた丸ブログ

積立NISAの対象となる投資信託

こんにちは
スタッフの山口です。

2018年1月から「積立NISA」という制度が始まります。
現行版NISAと似ていますが、積立NISAは、
①投資上限は年額40万円
②利益に対する非課税期間20年
というものです。
制度の詳細はこちらでご確認いただけます。

この積立NISAですが、投資対象となるのは投資信託です。
投資信託には、ざっくり2つのタイプがあります。

①アクティブ型:利益が出すために頭の良い人達が投資対象を検討して運用する。
②パッシブ型:日経平均株価やTOPIXなどの指標に連動するように作られて、頭の良い人達はあまり必要ない。

一見するとアクティブ型の方が利益が出そうですが、長期的に見ればパッシブ型の方が成績は良いそうです。
といいますのも、アクティブ型は利益を出すためには頭の良い人達が沢山必要なので手数料が高くつくからです。

さて、少し前になりますが、金融庁が積立NISAの投資対象とする投資信託の選定を行った結果がなかなか衝撃的なものでした。
日本で買えるアクティブ型の投資信託は2,707本あるようですが、金融庁が一定の基準で良心的な投信を選定した結果、なんと5本しか残らなかったのです。(インデックス型は381本中、50本弱が残っているので、まだマシ)
アクティブ型がこれだけ残らない原因として、上記のように手数料が高過ぎるというのが挙げられるようです。
この辺の話は4月7日に開催された森金融庁長官の講演で詳しく述べられていますので、ご興味がある方は是非とも見てみてください。

ちなみに、残った5銘柄は公表されてはいませんが、下記のものと言われています。
・さわかみファンド
・ニッセイ日本株ファンド
・ひふみ投信、
・セゾン資産形成の達人ファンド、
・ゆい2101(鎌倉投信)

それぞれの投資信託の詳細を見てみると、まっとうな手数料で、明確なポリシーに則って投資なさっているように思います。
個人的には上記5本の投信のどれかを積立NISAで買ってみようかなぁと考えています。

日経『信頼できる相続・贈与に詳しい相続税理士50選』に掲載されました!

こんにちは
スタッフの山口です。

平成28年7月5日付の日本経済新聞(全国版)朝刊に、『信頼できる相続・贈与に詳しい 相続税理士50選』として、税理士法人丸の内ビジネスコンサルティングが掲載されました!

詳しくはこちらをご覧ください。

相続税・贈与税はあまり馴染みがない税金なので、漠然とした不安を抱えていらっしゃる方が多いと思います。
弊事務所ではお客様の想いを大切にし、オーダーメイドの相続対策、各種節税対策のご提案をさせていただきます。
早い段階でご相談頂けると、取れる選択肢の幅も広がり、大きな節税につながる可能性も高まりますので、ちょっとでも不安だなと思われたら、お気軽にお問い合わせください!


 

弊事務所では、夏休みとは別に1週間のお休みを取れる制度があるのですが、その制度を利用して先日沖縄へ行ってまいりました。
あちらはすでに梅雨明けしており、海や水族館へ行ったりと沖縄を満喫してきました。

okinawa海。とても綺麗でした。

image2美ら海水族館のジンベイザメ。大きさがイマイチ伝わりません。。

image1私が愛してやまない首里そば。

決算短信の早期開示

こんにちは
スタッフの山口です。

日本公認会計士協会は、先日2月22日付けで「株式会社東京証券取引所の決算短信・四半期決算短信の記載事項の見直しについて(決算短信・四半期決算短信に監査及び四半期レビューが不要であることの明確化)」を公表しました。

この文書は、東証が「決算短信は監査の対象外」である旨を明示したことを受けて公表したもので、監査を実施する公認会計士に対して、決算短信を会社の責任で速報値として早期開示するように促すことや、会社法監査や金商法監査について十分な監査時間を確保した上で実施することを要請しています。

以前から上場会社の監査は、実質的には決算短信を開示するまでに終わらせなければならず、十分な監査時間を確保できていなかったことが問題視されていました。
不正発覚が多発する昨今、十分な監査時間を確保すべく、少しずつ状況は変わってきているように思います。実態としては、不正対応で監査現場は未だ十分な時間を確保できているとは言えない状況だと思いますが、今度どのように変わっていくのか気になるところです。

 


 

ボルダリングこの前の日曜日に近所のボルダリングジムへ行ってきました。
数年前ブームになった頃からずっとやってみたいと思っていたのですが、遂に行ってきました。
かなり握力を使うスポーツで、終わった後は握力が失われ、ペットボトルの蓋などを開けることもままなりませんでした。
楽しかったのですが、割りと簡単なコースすらクリアできず。。
筋トレを頑張って、リベンジします。

 

 

年末のご挨拶

こんにちは
スタッフの山口です。

年の瀬で何かとお忙しい時期かと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
2016年も残すところあと僅かになり、弊事務所も本日で仕事納めとなります。
今年お世話になった皆様、どうもありがとうございました。
この場をおかりいたしまして、厚く御礼申し上げます。

巷では風邪が流行しており、我が家でも妻が胃腸炎になるなど体調を崩される方が多いように感じます。
年末でご多忙のことかとは思いますが、お身体にお気をつけて良き新年をお迎えください。

来年もMBCならびにでんた丸ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

山口

 


 

先日、熱海のホテルで泊りがけの事務所忘年会が開催されました。
美味しいお料理とお酒をいただき、温泉につかり、身も心も癒やされました。
夜のカラオケ大会は異常な盛り上がりをみせ、忘れられない思い出になりそうです。

ocean-viewホテルロビー付近からの写真。心が洗われるような景色でした。

bed部屋は広くて綺麗でオーシャンビュー。贅沢です。

dish夕食の前菜。美味しゅうございました。

dish_main

メインディッシュ。赤身のお肉、大好きです。

セルフメディケーション税制Q&A

こんにちは
スタッフの山口です。

来年から医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制がスタートします。
年間のOTC医薬品購入額が12,000円を超えると、超過額(上限88,000円)が総所得金額から控除されるというものです。

このセルフメディケーション税制について、11月上旬に厚生労働省からQ&Aが公表されており、
薬局調剤は対象外になること、控除対象額は税込額でセール等で購入した場合には割引後価格になること、
などが示されています。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000141868.pdf

軽い風邪、頭痛などで市販の薬をこまめに買うかたは控除を受けられる場合も多々あると思います。
控除を受けるにはレシートが必要になりますので、レシートをうっかり捨ててしまわないように気をつけましょう。

 


 

img_2478
東京駅で新幹線を見てきました(乗ってはいません)。
男の子は乗り物が好きですが、うちの子供もご多分に漏れずハマっているようです。

 


このページのトップへ