でんた丸ブログ

スマホアプリ内課金の収益認識

こんにちは
スタッフの山口です。

7月22日にスマートフォン向けゲームアプリの「ポケモンGO」がリリースされ、
大人も子供も(主に大人?)夢中でプレイしているようですね。
皆様はプレイされましたでしょうか。私はブームに乗っかってプレイしてみたのですが、
最初こそ楽しく遊んでいたものの、1週間ほどで飽きてしまいました。
現状のシステムだと廃課金プレーヤーの前に為す術なく敗れ去るのみなので、
ライトユーザーも楽しめる要素が追加されないとユーザー離れが加速しそうです。
果たして任天堂がどう出るか。次の一手が気になるところです。

さて、8月1日号の経営財務にスマートフォン向けゲームアプリ内で課金をした場合に
企業側はどの時点で収益を認識するかについての記事が載っていました。
ポケモンGOも盛り上がっていますし、私もスマホゲームに課金したことがあり、
面白そうなので取り上げてみます。

ユーザーはゲームを有利に進めるアイテム等を購入するために、アプリ内で使える
架空の通貨を購入しますが、この「通貨の購入」がいわゆる「課金」です。
企業側がこの課金額を収益計上するタイミングとしては3パターンあります。

①通貨等の販売時点
②ユーザーがゲーム内で通貨等を利用してアイテムを購入した時点
③アイテムを使用した時点

現行の日本基準の下では、3パターンのいずれも取りうるようですが、
IFRSでは「アイテムを使用した時点」が役務の提供が完了した時であると考えるため
③の時点で収益を認識することになります。

さて、収益認識のタイミングですが、判断基準としては「役務の提供が完了したかどうか?」です。
昨今はVR技術が目覚ましい進歩を遂げており、極めてリアルな仮想体験ができるようになるのも
そう遠い未来の話ではなさそうですし、仮に自分がそんなVR環境下でゲームをやっていたとすれば、
役務の提供が完了するのは、IFRSで定められている通り、「ゲーム内でアイテムを使用した時」になるように感じます。

普段なんの気なしにプレイしているスマホゲームですが、会計に絡めて考えてみると面白いですね。


 

先日、お客様のご招待でDMM.PLANETSへ行ってきました。
視覚、聴覚、触覚で感じる体感型のデジタルアートが展示されおり、
部屋一面に水が張ってあり水面に花や鯉が映し出されている中をバシャバシャと歩いて行くなど、
見て楽しい、感じて楽しい展示の数々で、夏の暑さを忘れてとても癒やされました。

言葉ではなかなか伝わりにくいので、皆様も是非行ってみてください。
8月31日までの開催です。

http://exhibition.team-lab.net/dmmplanets2016/

IMG_2517                       入り口の看板

IMG_7529          ぶら下がったLEDが様々なパターンで光ります。ずっと見ていても飽きません。

IMG_6252        水面に鯉が泳いていたり、花びらが舞い散っています。涼しくて気持ちよかったです。

IMG_0207      ドーム型の天井にプラネタリウムのように花や蝶が投影されているのを寝転がって眺めます。
クッションが気持ちよくて寝てしまいそうでした。

ふるさと納税のワンストップ特例

こんにちは
スタッフの山口です。

2008年からスタートしたふるさと納税ですが、2015年度の納税受入額は前年比4.3倍に増え、世の中にだいぶ浸透してきた感があります。
先日7月1日には有楽町に「ふるさとチョイスCafe」がオープンするなど引続き盛り上がりを見せています。

さて、ふるさと納税は要件(①納税する自治体が5以下、②ふるさと納税以外の目的で確定申告の提出を要しない)を満たしていればワンストップ特例により確定申告が不要になりますが、ふるさと納税以外にも復興支援等の目的の寄付を行っている場合には確定申告が必要になってしまうことがあるため注意が必要です。

熊本地震や東日本大震災による復興支援のために寄附を行っていて、この寄付金について控除を受けるために確定申告をする場合には、上記②のワンストップ特例の要件から外れるため、ふるさと納税に関する寄付金控除についても確定申告が必要になります。
ワンストップ特例の要件から外れるパターンとして、寄付以外にも医療費控除や適用初年度の住宅ローン控除等で確定申告をする場合も該当しますのでご注意下さい。


 

先日、初めて東京スカイツリーに登りました。
混雑、コストの高さ(3,090円)、家からの遠さから今まで敬遠していましたが、たまたま平日にお休みをいただいたので、思い切って行ってみました。
451.2mからの眺めは圧巻でしたが、混雑状況、デザイン、コスト(1,600円)、家からの近さを考えると個人的には東京タワーの方が好きかもしれません。

IMG_8208

FullSizeRender

写真は外観と最高到達点で撮ったものです。

法人番号の併記ルール

こんにちは
スタッフの山口です。

1月12日に内閣官房のマイナンバーホームページに「法人番号について」のコーナーが新設され、「法人番号の併記ルール」が公表されました。

(内閣官房マイナンバーホームページ)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/index.html
(法人番号の併記ルール)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/pdf/houjinbango_rule.pdf

各団体においてWebサイトで公開するデータに法人番号を記載する方法の具体例が挙げられています。
会社Webサイトに法人番号の記載を検討されているご担当者様の参考になるかと思います。


 

 

IMG_6506蒲田のラーメン二郎の小ラーメンです。
二郎の中でも味、量共にバランスが取れている気がします。
やはりニンニクは欠かせません。

 

育休中は配偶者控除が適用できるかも

あけましておめでとうございます。
スタッフの山口です。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の年末年始は暖かい日が多く、過ごしやすくかったのではないでしょうか。
私はあまり家から出ずに、録画しておいたスターウォーズep1~6をダラダラ観て過ごしました。。

 

さて、年が明けて、確定申告シーズンが近づいてきているので、配偶者控除に関するネタを扱ってみたいと思います。

夫婦共働きの場合、配偶者控除は適用できない場合が多いですが(お互いの給与収入が103万円超なので)、
育休を取得していた場合は、配偶者控除を適用できる可能性があり、もし年末調整で配偶者控除の申請を忘れてしまったとしても、確定申告することで控除(還付)を受けられます。

育休中は雇用保険から「育児休業給付金」が支払われますが、これは雇用保険法上、非課税と定められているため収入には該当しません。
そのため「育児休業給付金」以外の収入が103万を超えなければ配偶者控除を適用できることになります。
(出産育児一時金も同様の扱いです。)

育児休業給付金を給与だと勘違いして配偶者控除を適用しない、という誤解がよくあります。
もし昨年の年末調整で控除を忘れてしまった場合は、確定申告をして控除分に係る還付を受けましょう。

なお、確定申告はお手元に源泉徴収票をご準備いただければ、申告用の書類は国税庁の確定申告書作成サイトから比較的簡単に作成できます。
https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl

ちなみに、通常の確定申告は2月15日からですが、年末調整で適用を忘れた控除(還付)の申告をする場合は、1月1日から受け付けてくれます。(受付期限は12月末まで)
また、控除(還付)は5年間遡って申告可能です。(平成23年分まで)


 

元旦は親戚で集まって食事をしました。
和食を頂いたのですが、ご飯物として出てきたお寿司は、醤油をハケで塗って食べさせるのが斬新で面白かったです。
日本酒も頂き、昼間から良い気分で酔っ払ってしまいました。

 

IMG_3997

確定申告書類作成の様式・手引等の公表

こんにちは
スタッフの山口です。

12月11日に国税庁が「平成27年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書関係書類の様式・手引き等」を公表しています。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
確定申告の準備をするかた向けのページなどもありますので、申告予定のあるかたは参考にしてみてください。

 
確定申告準備特集
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/h27junbi/index.htm

 


 

本日は新丸ビル地下にある「酢重正之 楽」の「とり辛味そば」です。

IMG_3023

そばは太麺でコシもあり食べごたえがありましたが、辛味が効いたつけ汁はあと引く美味しさで、大盛りにしたもののペロリと平らげることができました。
つけ汁も所謂そばつゆではないこともあり、そばを食べたというより、つけ麺を食べたという気分です。
ランチ時は行列ができますので、時間を外して訪れたいお店です。


このページのトップへ